社会労務士って具体的にどんな仕事をしているの?


書類の作成やコンサルティング業務が主な仕事

社会労務士の仕事に興味があるけど、具体的にどのようなことをしているのかよくわからないという方が多いのではないでしょうか。社会労務士の主な仕事内容は、書類の作成やコンサルティング業務で、1号業務から3号業務の3つに分けることができます。1号業務とは健康保険や労働保険など労働社会保険諸法令に基づく書類の作成や提出代行です。2号業務は労働者名簿や陳儀台帳などの帳簿書類の作成を行い、3号業務は人事や労務に関するコンサルティングです。これらの中で1号と2号は独占業務となっているので、他の人が行うことはできません。3号は無資格でもできますが、専門的な知識が必要になるので、ほとんど社会労務士が行うことが多いです。

社会労務士ってどんなところで働いているの?

社会労務士というと、独立開業をして活躍しているというイメージが高いのではないでしょうか。実は社会労務士の資格を取得した人たちの多くは、独立開業するのではなく、勤務社会労務士として活躍することが多いです。したがって開業を目的としているのではなく、現在働いている会社での地位の向上を目的としているケースが多い傾向です。企業の人事部で働いていれば、資格を取得することによって帳簿の作成などをスムーズに行えるようになります。独立開業や企業で働くだけでなく、社会保険事務所に勤務するという働き方もあります。その場合は社会労務士としてもスキルを上げられることができます。社会労務士の資格は、中小企業診断士や行政書士などの資格とも相性がいいので、独立開業する場合はそれらの資格を取得することも視野に入れましょう。

社会保険労務士の就業規則の作成を専門家に依頼する事が可能です。依頼する前に詳しい相談を受ける方法も取れます。