どうやって選べば良い?自動車保険の選び方


自動車保険の基本について

自動車保険は大きく分けると「賠償責任」「傷害」「車両」の三つに分けられます。
賠償責任保険は、他人や他人のものを傷つけたときに賠償責任するための保険です。他人を傷つけたときに払うことのできる「対人賠償責任保険」と他人のものを壊したときのことを考えて備える「対物賠償責任保険」があります。
傷害保険は、自分や同乗者が交通事故で死亡したり、怪我をしたときのための保険です。自動車搭乗中の事故で運転手や同乗者、事故の被害者が怪我したときのために備える「人身傷害補償保険」、相手が自動車保険に加入しておらず十分に損害補償が受けられないときのための「無保険者傷害保険」などがあります。
自動車が事故で壊れたときのための「車両保険」は、加入することで修理代を払ってもらえます。

自動車保険を選ぶポイント

様々な保険がありますが、どんなタイプを選んだら良いのか迷ってしまいます。どの補償を重視するかは人によって異なりますが、まず補償の範囲内を確認してから選んでいきます。
自動車保険のメインは、賠償責任保険です。賠償責任保険は無制限のものを選ぶことが基本となります。
被害者が出る事故にあった場合、法的賠償責任において数億円の支払いが命令されることも珍しくないのが現状です。自分1人で賠償できるものではないため、無制限のものを選んでいきます。
対物賠償保険も同様に無制限のものを選びます。事故を起こした車両の中に入っていた積荷が高額だった場合、自分だけでは賠償できない可能性も考えられるためです。

自動車保険は損害保険の一種で、自動車を利用していた時に発生してしまう損害に対する補償を行うための保険です。